nuidaisuke

記事一覧(130)

スマホでハワイ語入力、最強の方法見つけた!

 日本語、英語、ハワイ語と言語をまたいで文章を書く機会が多いぼくにとって、常に最適なテキスト入力方法を知っていることが重要な課題です。とくにちょっとトリッキーなハワイ語に関しては・・・。 まずハワイ語には標準キーボードでは入力できないオキナ「ʻ」(アポストロフィーと似てるけど別物)とカハコー(āēīōū)があります。入力方法は、Windows PC、Mac、Chromebook、iPhone/iPad、アンドロイド・スマホ/タブレットなどデバイス/OSによって違ってきます。 これまでぼくにとってもっとも簡単で確実な方法だったのが、iPhone/iPadでの入力でした。設定>一般>キーボード>新しいキーボードを追加>ハワイ語を選べば、オキナとカハコーを入力するキー付きのスクリーンキーボードが使えるようになるからです。入力も簡単だし文字化けもありません。(外部キーボードを接続すると話は少々ややこしくなりますが・・・) 最近、手書きメモ機能ペン付きスマホが欲しくて、アンドロイド・スマホを購入しました。メモ帳のように手書きメモを残せるこの機種がとても気に入ったので(金額も現在使用しているiPhone Xの4分の1!)、いっそこっちに完全移行するか?と必要な機能の確認をし始めました。フラダンサーのためのハワイ語辞書の新刊を制作している今、まず第一に確認したかったのが、アンドロイドでのハワイ語入力機能でした。早速いろいろ試してわかりました。結論から言うと、ハワイ語入力はアンドロイドが一番優れている!アンドロイド・スマホでのハワイ語入力設定方法アンドロイドでのハワイ語入力がどう優れているのか?1.あるアプリをインストールすることで、ハワイ語キーボードを設定できる2.そのハワイ語キーボードにはオキナ「ʻ」のキーがある3.カハコー付きの母音文字入力は、その文字のキー長押しでできる4.ハワイ語単語の予測変換機能があるひとつずつ見ていきましょう。1.あるアプリをインストールすることで、ハワイ語キーボードを設定できるインストールするのはこのアプリです。

映画『ハウマーナ』監督ケオ一周忌追悼フラ動画

フラ映画『ハウマーナ』監督ケオ・ウールフォードさんが他界して1年が経った。『ハウマーナ』上映イベントのプロモーターとして、日本各地を一緒に旅したのは2014年7月から2015年2月の間。上映イベントは準備から宣伝、運営まですべて二人の手で作り上げた。(もちろんそこにはいろいろな形でサポーターしてくださった方々がいた。)だから時には問題も起こった。けれどすべてのことを笑いに変えることができるぼくらは、大笑いしながら駆け抜けた。そして結局すべてはうまくいくのだった。運を味方にできる精神性の高さ、そして子供のようなピュアな心と目を持つ人だな、というのがケオに対するぼくの印象だった。以前ジャック・ジョンソンに会ったときに感じたのと同じオーラ。数少ない、同志のように思えるハワイの友人になった。「You don't find Hula. Hula finds you.」ケオから聞いた言葉のひとつ。世の中にはフラに選ばれし者がいる。彼はまさにその一人。「だいすけ、君もぼくと同じだよ」そう言ったケオの言葉をパワーにして、今のぼくはあるのだと思う。スピリチュアルなこともたくさん語り合った。宇宙も神々も味方にしてしまう魔法の言葉の力を、ぼくらは本気で信じていた。2016年11月28日以後、何度もケオのスピリットを感じるサインを見つけてきた。たとえば・・・訃報を日本で聞いた後、やりきれない気持ちのなか追悼フラ動画プロジェクトを思いついたとき、ホテルの窓にダブルレインボーが現れた。日本各地でフラ動画撮影中、何度もアゲハ蝶がダンサーの周りを舞った。今日も。命日だった昨日夜遅く、ケオ追悼『Aloha Aku Aloha Mai』フラ・ビデオの編集を終えてYouTubeに公開した。今日、外に出たらマノアにトゥアヒネの霧雨がキラキラ降ってきて、ダブルレインボーが出た。